休職している時にはキャッシングの利用は難しい

最近では、うつ病などの精神疾患に罹る人も増えており、休職しなければならないというケースは珍しいものではありません。

 

とはいえ、休職中は給料がもらえないということが多いです。体調を悪くしていて休職している時に、さらにお金の面まで厳しくなってしまうと大変です。

 

そこで、少しの間だけでもキャッシングを利用して乗り切れないかと考える人もいるかもしれませんが、結論から言えば、休職している時の利用は難しいです。

 

ただし、休職していても給料がいくらか支給されているという場合や副収入があるという場合には、利用できる可能性は残っています。

 

【大手の消費者金融でのキャッシング】

大手の消費者金融では、給料が支給されないケースの休職であれば、ほとんど審査をパスする可能性はありません。

 

一方、休職していても給料が支給されている場合には、一部の業者ではキャッシングを利用できることがあります。

 

この場合には、在籍確認によって休職中であることが確認できることが必要となります。もし、在籍確認をした結果、休職ではなく既に退職していることが判明した場合には、審査に通ることはないでしょう。

 

また、申し込みの際の注意点として、休職していることを隠さない方が良いです。後から在籍確認によって休職していることが分かるという形になってしまうとマイナスイメージになってしまいます。

 

給料が支給されているなら審査をパスする可能性は残っていますし、休職していることは在籍確認で分かることですので、隠さずに申告するようにしましょう。

 

【副収入が得られているケース】

給料が支給されていなくても、副収入が得られる状態であれば、キャッシングの審査をパスできる可能性が出てきます。

 

副収入といってもギャンブルで稼いでいるというようなものでは駄目です。返済能力があると判断されなければなりませんので、ある程度の収入が安定して得られていることが必要です。

 

さらに、その収入については書類で証明しなければならないことが多いですので、注意しましょう。

 

【クレジットカードを確認】

休職している際にお金に困るというケースは、給料が支給されず、副収入もないという場合の方が多いでしょう。

 

しかしながら、そのような場合には消費者金融でのキャッシングが難しいということになりますので、さらに困ってしまうかもしれません。

 

ただし、消費者金融でのキャッシングが難しいだけで、お金を借りることができる可能性は少し残っています。

 

もし、クレジットカードを所持しているならば、一度キャッシング枠が付いていないか確認しましょう。

 

キャッシング枠が付いていないケースもありますが、多くのクレジットカードではキャッシング枠が付いていますので、使える可能性があります。